さるぼろぐ

カナダ生活なましぼり情報

【イヤホンレビュー】JBL ENDURANCE RUN。装着感ゼロの防水イヤホン。気になる音は⁇


スポンサーリンク

3歳からピアノを始め、20年以上バンドでドラムを担当していた私。

生活にずっと音楽があったせいか、無類のイヤホン好きになってしまいました(笑)

そこで今回は「JBL ENDURANCE RUN」をレビューしてみたいと思います。

会社や製品で全く音や響きが違うイヤホンに魅了された私の、個人的な感想なので購入前の参考にして下さいね^^

 

こんな人におすすめ👍
  • スポーツ中に使える防水イヤホンが欲しい
  • ワイヤレスの充電切れが嫌だ
  • リモコン操作可能がいい
  • 音にこだわっている会社のが欲しい
  • でもリーズナブルがいい

 

 

 

JBL ENDURANCE RUN商品説明・スペック

JBL Endurance RUN - Black - Sweatproof Wired Sport In-Ear Headphones - Detailshot 1

画像引用元:Endurance RUN(エンデュランスラン) : JBLイヤホン

皆さんも「JBL」のロゴを一度は見たことがあると思います。特に有名なのはスピーカーですね^^ 

 

ありました!これこれ^^

重低音がブリブリに響く「JBL」のスピーカー🎛️ 低音域が凄くかっこいいですよ!

 

そんなサウンドにこだわる音響機器ブランド「JBL」のイヤホン。早速、スペックを見ていきましょう^^

 

JBL ENDURANCE RUN 基本スペック
  • 8.2mmダイナミックドライバー搭載(パワフルサウンド)
  • マイク内蔵リモコン搭載
  • Siri/Googleアシスタント機能有り
  • 汗にも強い!防水機能(IPX5)対応

 

安定のサウンドJBL

音場豊かな8.2mmダイナミックドライバーを搭載。数々のイヤホンの技術を踏襲し、控えめな価格でのモデルを誕生させることに成功。

JBLのサウンドは音場表現力に優れているとされており、プロの録音スタジオ映画館などでも多く使われているため、安心・安定のサウンドを提供してくれます。

リモコン操作可能

ケーブルにマイク付き1ボタンリモコンを搭載。SiriやGoogleアシスタントも呼び出し可能なので、運動中や運転中にとっても便利‼ 

 

リモコン操作

曲の再生/一時停止 :1回ボタンを押す

次の曲へ曲送り      :2回ボタンを押す

電話を受ける/切る :コール中に1回ボタンを押す

Siri/Googleアシスタント:ボタンを長押し(1秒程度)

 

防水機能(IPX5)対応

何といっても、一番の売りはここですね^^ このJBL ENDURANCE RUNは、*防水機能(IPX5)に対応しており、急な雨や、運動中の汗で濡れても壊れる心配がありません

 

💡私が住んでいるカナダ・バンクーバーは別名「レインクーバー」と呼ばれるほど毎日雨。(秋冬)濡れても壊れないイヤホンは本当に重宝します!!!

 

※IPX5とは?
様々な方面から強い放水を当てても浸水せず、壊れない事を指す防水規格。

 

 

 

JBL ENDURANCE RUNの着け心地・音質

※今回私が購入した「JBL ENDURANCE RUNブラック」/C$24.99

 

箱がかなりしっかりと作られていて、このクオリティーでこの価格はかなりコストパフォーマンスがいいですね^^

 

【同封されているもの】
  • イヤホン本体
  • イヤーチップ(SML)
  • 保証書

 

耳から抜けにくいイヤーチップ

クラゲ型のシリコンチップで、長時間着けても全く痛くなりません^^

周りの部分もシリコン素材なので、ストレスなく着け続けることができます。

 

私は一時帰国を度々するので、長時間飛行の際に充電の必要のないジャック式イヤホンが必要長時間着けても痛くないイヤホンがいい。という2点をカバーしてくれるこの「JBL ENDURANCE RUN」はポイントが高いですね^^

 

イヤホン部分にマグネット内蔵

イヤホン部分のロゴのところにマグネットが内蔵されているので、運動中など使わない時には首の後ろでイヤホン同士をくっつけておく事ができます。

バックの中でも、絡まらないので安心ですよ👌

 

インイヤー・耳掛けの2通りで装着可能

画像引用元:Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン

これもポイントが高い理由の1つ!

インイヤー式だとどうしてもタッチノイズが気になりますよね。しかし耳掛け式だと軽減されるので、運動時には最適です♪

 

 

 

抜け感の良いサウンド

サウンドに関しては、個人的な感じ方になってしまいますが、正直な感想としては「低音がもう少しハッキリしている方が好み」という感じでした。

抜け感はあるのでこもった印象はなく、長時間聴くのであればちょうどいいサウンド。

高音域よりは低音域にハリがあるのですが、全体的に柔らかい音質といった印象。

しかし、これは私の一番好みのサウンドを持つ「Marshall(マーシャル)」のイヤホン(C$189.99)と比べているから。

この価格で、これだけの充実した音を出せるのは、さすが「JBL」だなと思いました!!

 

まとめ

今回は、コスパ最強・スポーツ時に最適な防水イヤホン「JBL ENDURANCE RUN」を紹介させて頂きました^^

普段はワイヤレスを使用していても、やはりサッとパソコンと繋げたり、飛行機で充電の心配が無かったり、プラグ式のイヤホンは1つは持っておきたいですよね^^

コスパ最強の「JBL ENDURANCE RUN」は、自信をもっておすすめできる商品間違いなし!

 

そうそう!iPhoneは最近プラグ差込口がないので、こちらも忘れずに!!!(笑)

⬇️⬇️⬇️